SHACHOU BLOG

社長ブログ

レッドシダー外壁のメリット・デメリット
投稿日: 2022.02.15

社長BLOG

レッドシダー外壁

レッドシダーの外壁にするメリット

レッドシダーの外壁、私は大好きです。おしゃれで個性的でカッコいい住宅になります。レッドシダー外壁のメリットは、次の6つです。

・優れた意匠性

・優れた耐久性

・メンテナンスしやすい

・優れた断熱性、通気性、調湿性

・人と環境に優しい

・経年美

レッドシダー外壁は断熱・保温効果が高く、室内を夏は涼しく、冬は暖かく保つことが可能です。

また、レッドシダーには、音を抑制・吸収し、騒音を抑えてくれる特性があります。楽器を家で演奏する人などは、レッドシダー外壁に使うのがおすすめです。

耐久性にも優れており、メンテナンスをしなくても木が腐りにくく劣化しにくい性質を持っています。天然木材ながらも耐久性が高く、経年変化を楽しむことができるのもメリットです。

経年変化によって、色味は徐々にシルバーグレーになっていきます。新築時と色が変わることから風合いの好みが分かれるので、実例写真やレッドシダーを使用した物件を確認して検討しましょう。

レッドシダーの外壁にするデメリット

天然のレッドシダーのデメリットは、次の3つです。

・経年変化の好みが分かれる

・防火性が低い

・稀にアレルギーを引き起こす

メリットでもお伝えしたように色合いが変化するため、この点が気に入らないとデメリットになってしまいます。経年変化したレッドシダーの色を魅力的に感じないなら、レッドシダー外壁は見送るのが無難です。

一般的なレッドシダーは、防火性が低いですが、防火薬剤を注入したウィルウォールという外壁材も存在します。値段は少し高くなりますが、防火性を重視するならおすすめです。

レッドシダーは、ごくまれにアレルギー反応を引き起こすことがあります。アレルギーを持っている人は、使用前に医師や専門家に確認し、トラブルを未然に防ぎましょう。